「希望そのものが現在の幸福なのだ。」 J.モルトマン(神学者)

希望そのものが現在の幸福なのだ。希望は貧しい者を幸いなりと讃え、疲れた者や重荷を負う者、いやしめられ悔られた者、飢えた者や死に瀕した者を引き受ける。なぜなら希望は、彼らのための王国の来臨を知っているからである。待望は生をよきものにする。なぜなら待望することによって、人は彼の全現在を受け取ることができるのであり、喜びにおいてのみならず苦しみにおいても喜びを見いだし、 幸福のみならず痛みにおいても幸福を見いだしうるからである。そのように希望は、幸福をも痛みをも貰いていく。なぜならそれは、過ぎゆくもの·死にゆくもの·死せるもののためにも、未来を神の約束において見るからである。
J.モルトマン,『希望の神学―キリスト教的終末論の基礎づけと帰結の研究 (現代神学双書 (35))』 高尾 利数 (訳)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です