「絶望は死に至る病である」キルケゴール

絶望は死に至る病である。

自己のうちなるこの病は、永遠に死ぬこと…

(キルケゴール『死にいたる病』松浪信三郎・飯島宗享訳、白水社)

「死に至ること」が

不幸の極致であるとすれば、

「絶望」こそが

「不幸」の極みであると言えるでしょう。

キルケゴールは

実存主義のパイオニアとして知られていますが、

深くキリスト教を信仰しているので

肉体的な死を真の死とは認めていません。


死に至る病とは、肉体的な死を意味するものではなく、
精神的に死ぬこと、
すなわち本当に永遠に死んでしまうこと、
「絶望」をそういうものととらえているのです。

「絶望」とは「希望を失うこと」であるとすれば、
「幸せ」は「希望」を持っていることとも言えます。
「希望こそが現在の幸福なのだ」
と同じキリスト教の神学者
モルトマンが言っています。
そのことは以前の記事で書きました。↓下記参照『希望そのものが現在の幸福なのだ。J.モルトマン』希望そのものが現在の幸福なのだ。 希望は貧しい者を幸いなりと讃え、疲れた者や重荷を負う者、いやしめられ悔られた者、飢えた者や死に瀕した者を引き受ける。 なぜな…ameblo.jp

精神的な死、すなわち「絶望」によって、
永遠に死に絶えてしまうことがないように、
常に自らの中に
「希望」の松明を携えているか、
自分に問いかけていかねばなりません。

kimio 松島 紀三男 イー…のmy Pick

Amazon(アマゾン)従業員幸福度の研究 “ES から EHへ” 今こそ働く幸せを考えよう2,200円

従業員幸福度調査,EH調査,ES調査,社員幸福度調査 | イーハピネス株式会社 e-happiness inc.「従業員幸福度・EH調査™」を世に先駆けて開発したイーハピネス株式会社、松島 紀三男からのご案内です。e-happiness.co.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です