「誰かを喜ばせることは、自分をも喜びでいっぱいにする。」ニーチェ

「誰かを喜ばせることは、自分をも喜びでいっぱいにする。」ニーチェ

誰かを喜ばせることは、自分をも喜びでいっぱいにする。

どんなに小さな事柄でも人を喜ばせることができると、わたしたちの

両手も心も喜びでいっぱいになるのだ。

(F.ニーチェ『曙光』)

「幸せ」の源泉は「喜び」であると思います。

喜びの中で最も大きなものは、

「人を喜ばせること」でしょう。

ニーチェはこうも言っています。

「誰もが喜べる喜びを」

わたしたちの喜びは、他の人々の役に立っているだろうか。

わたしたちの喜びが、他の人の悔しさや悲しさをいっそう増したり、

侮辱になったりしてはいないだろうか。

わたしたちは、本当に喜ぶべきことを喜んでいるだろうか。

他人の不幸や災厄を喜んではいないだろうか。復讐心や軽蔑心や差別

の心を満足させる喜びになってはいないだろうか。

(F.ニーチェ『カへの意志』)

バイロンが

「喜びは分かち合わなければならない。

幸せは双子で産まれたのだから」

と語ったように

喜びは分かち合い、誰もが喜べる喜びでなければなりません。

松島紀三男

(F.ニーチェ、白取晴彦訳『超訳 ニーチェの言葉』ディスカヴァー・トゥエンティーワン)

Amazon(アマゾン)従業員幸福度の研究 “ES から EHへ” 今こそ働く幸せを考えよう2,200円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です