従業員幸福度毎月統計(ハピネス*ウェルビーイング・メーター)「2021年12月度速報」

幸福度毎月統計(ハピネス*ウェルビーイング・メーター)第2回目

「2021年12月度速報」です。

全国の働く人びと、あらゆる業種の従業員の方々を対象として

「従業員幸福度(EH)」の毎月測定を始めて

今回はその第2回速報です。

これからも毎月幸福度の変化を報告していきますので

ご覧いただければ幸いです。

なお、調査項目は弊社が開発した

「従業員幸福度(EH)調査®」をベースにしています。

【2021.12月度 「従業員幸福度(EH)」全体グラフ】


【所見】

働く人びとの幸福度は10月と比べて全般的に大幅な低下が見られます。

特に現在の働く幸福度の低下が目立ちます。

これは以下のような要因が影響していると考えられます。

  • 前回調査10月末はコロナ禍をめぐる状況が大きく改善している時期であった。
  • 今回12月調査はオミクロン株の感染拡大によるコロナ禍の再度悪化、原油高による物価上昇等、社会、経済のWell-being要素の悪化が人びとの幸福感を大きく損なったと思われます。

<現在>の幸福度よりも<将来>の幸福度予測が低い傾向は継続しており、日本の経済、社会の動向に対して未だ「幸福」の展望が持てていない様子がうかがえます。

以上は全体の傾向概要ですが、

より詳しい結果について知りたい方には

PDFで月度レポートを差し上げますので

下記

「ウェルビーイング・ラボ」にメンバー登録の上、

メールまたはメッセージ等でご請求ください。このページを見るには、ログインまたは登録してくださいFacebookで投稿や写真などをチェックできます。www.facebook.com

幸福度毎月統計(ハピネス*ウェルビーイング・メーター)では、

性別、年齢別、雇用形態、業種、婚姻、子どもの有無、居住形態、

世帯収入等の属性別クロス分析データを蓄積していきます。

Amazon(アマゾン)従業員幸福度の研究 “ES から EHへ” 今こそ働く幸せを考えよう2,200円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です