「協働労働」という「働く幸せ」の最適解

「協働労働」という「働く幸せ」の最適解

「協働労働」は、
「働く幸せの疎外」という
産業革命以来の生産力の飛躍的増大と引き換えに
「人々を不幸にする仕組み」である近現代の資本主義経済の仕組みに対して
「働く幸せ」を取り戻す最適解の一つと言えるのではないか。

「協働労働」は、
筆者が前の記事でも指摘した、
「働く幸せ」の二大要因である

「オーナーシップ」(所有の実感)

「オートノミー」(自己決定できる自由)

を実現する仕組みである。

ますます猛威を振るう資本の暴走に対して
草の根からのアンチテーゼとして
世界的規模で広がりつつある。 

グローバル企業にも負けない!? 世界で注目の働き方 – NHK クローズアップ現代+2021年5月26日(水)放送。働くみんなでお金を出資して、事業を立ち上げ、みんなで経営方針を話し合っていく「協同労働」という働き方が注目されている。コロナ禍で職を失っていた若者は、協同労働で自分にあった職に出会い、労働意欲や将来への希望を手に入れた。世界では、タクシー運転手や、ホームクリーニング業の人々、フリー演奏家などさまざまな職種で協同労働を始める動き…www.nhk.or.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です