「時間主権」オートノミー(自己選択、自己決定、自律)こそ働く幸せの核心

オートノミー(自己選択、自己決定、自律)こそ働く幸せの核心と思う

オートノミー(自己選択、自己決定、自律)には5つの要素があると思う。

まず大前提として

職業選択…どんな職業を自らの意志で選ぶか

次に下記の4つ

1.案件選択の自由…どんな仕事を受け、何を断るか

2.方法の自律…どんな技術・技能、進め方でやるか

3.場所の自律…どこで働くか

4.労働時間の自律…いつからいつまで働くか、いつ休むか

「時間主権」は4.労働時間の自律の実現。

労働時間(場所も)をがんじがらめに縛るのは19世紀の工場労働の名残である。

コロナ禍を契機に

いい加減、19世紀的パラダイムから変革を果たすべきだ。

「時間主権」という言葉は初めて聞いたが

いい言葉である

Amazon(アマゾン)従業員幸福度の研究 “ES から EHへ” 今こそ働く幸せを考えよう1,848〜2,200円
従業員幸福度調査,EH調査,ES調査,社員幸福度調査 | イーハピネス株式会社 e-happiness inc.「従業員幸福度・EH調査™」を世に先駆けて開発したイーハピネス株式会社、松島 紀三男からのご案内です。e-happiness.co.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です