「人間万事塞翁が馬」 『淮南子』

「人間万事塞翁が馬」 『淮南子』
近塞上之人 有善術者 馬無故亡而入胡人皆弔之其父曰 此何遽不爲福乎居數月 其馬將胡駿馬而歸人皆賀之其父曰 此何遽不能爲禍乎家富良馬其子好騎 墮而折其髀人皆弔之其父曰 此何遽不爲福乎居一年 胡人大入塞丁壯者引弦而戰 近塞之人 死者十九此獨以跛之故 父子相保故福之爲禍 禍之爲福 化不可極 深不可測也
塞上に近き人に 術を善くする者有馬 
故無くして亡げて胡に入いる 人皆之を弔す 
其の父曰わく 此れ何遽ぞ福と為らざらんやと 
居ること数月 其の馬胡の駿馬を将いて帰る 人皆之を賀す 
其の父曰く 此れ何遽ぞ禍と為る能わざらんやと 
家 良馬富む 其の子騎を好み 堕ちて其の髀を折る 人皆之を弔す 
其の父曰く 此れ何遽ぞ福と為らざらんやと 
居ること一年 胡人大いに塞に入る 
丁壮なる者 弦を引きて戦かい 塞に近きの人 死する者十に九なり 
此れ独り跛の故を以て 父子相保てり 
故に福の禍と為り 禍の福と為るは 化極むべからず 深測るべからざるなり

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です