法人課税の逆進性の大問題

国民一人一人の課税の逆進性も問題だが、法人課税の逆進課税も大問題だ。「法人税を上げると外国に会社が逃げるから」という論理で世界中で法人税引き下げ競争をやっている。 日本でも法人課税は中小企業ほど不利で大企業には優遇の恩典がある。 グローバル化している企業ほど実質税率を下げられる。 GAFAの脱税など典型だ。システム論的に見た解決策は関係者が協調協働して全体最適を図る解決策で一致することしかない。世界が共同して適切な法人課税による所得の再分配をしないと人類はいびつに進化した資本と言う悪魔に本当に滅ぼされる。今回の新型コロナウイルス騒動もそのような資本の暴走に見直しをかける契機としたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です