「幸福があまりに遅くきたら…」 E.ケストナー

幸福があまりに遅くきたら…

理想を持つ者は 

それに到達しないように  気をつけるがよい

さもないと いつか彼は

自分に似る代りに 他人に似るだろう

(E.ケストナー『人生処方詩集』小松太郎訳 ちくま文庫)

これをどういう風に読んだらいいのでしょう。

まあ元々詩はシンボルなのだから、

自分のコンテキストに合わせて、

しっくりくるように味わえばいいのでしょう。

確かに幸せはその夢に向かって頑張っている時が

最もその人の個性が現れるような気がします。

何かを達成したとたんに人は無性格になるものかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です